紹介された書籍、雑誌など
2004年

ライン

書籍、雑誌名 記事名 紹介頁 出版社 備考
2004年
12月 魂の食 SOUL FOOD
雲水の正月とお煮しめ
菜の花に心やわらぐ
筍で味わう「山と野の慈悲」
白く上品なうど
一枚の皿に天地を盛り込む
ゆばの陰にはお寺あり
初夏にいただく高菜ずし
さっぱりと信太巻き
僧堂の朝は梅湯で始まる
切り干し大根に薄衣
古代からのたんぱく源
長芋コロッケは初秋の味
貴公子を思わせる銀杏
里芋は翁の気品
ほっくりしたじゃがたら飯
冬の朝は大徳寺なます
わかめとひじきで一工夫
豆腐七変化

15
27
31
35
39
43
47
55
59
63
79
83
91
99
103
111
127
131
朝日新聞社 著者:藤井宗哲 藤井まり  器協力:陶苑八坂
瑠璃釉蛸唐草文瓢形蓋物、緑釉梅小皿
瑠璃釉毘沙門小判皿、志野染付唐草文八つ橋小皿
志野染付窓絵縁なぶり小鉢
三彩格子文四方浅鉢
黄瀬戸筒碗、彩釉掛分け文角縁短冊大皿、彩釉掛分け文角縁長方豆皿
白志野馬上杯
鼠志野刻文鉢、鼠志野五寸額皿、織部菊中鉢、緑釉かぼちゃ箸置き
瑠璃釉刻文八角大皿、瑠璃釉点々文小皿
志野刻文隅切角小皿
志野草文四方向付、三彩筒描き格子文長方皿
志野染付菊文瓢形鉢、青白瓷鉄絵飯碗
織部十字格子文叩き長方六寸皿
志野子持ち線文大碗
麦藁手大碗
鼠志野十字格子文小判皿
三彩風車文大碗
志野染付唐草文飯碗
青唐津飯碗、赤織部飯碗
四季の味ANEW No.39 冬 *おかず四季おりおり
*僕はただいま休暇中
*家庭の味
*食いしん坊告知版
19、22
42、45
58、60
126
ニューサイエンス社 *ひろ窯の器も使われています。
織部うつわ邸 窯炎浪漫
藤井敬之 ひろ窯
9、10 (株)織部 ひろ窯の器、9点も通信販売されています。
(彩釉マグ、青志野刻文小鉢、彩釉皿、志野染付土瓶、赤絵汲出碗など)
すてきレシピ No.34 冬号 *蒸しものレシピ 57 (株)扶桑社 ひろ窯の器も使われています。(三彩市松文角豆鉢)
10月 朝日新聞 
10月20日朝刊(岐阜版)
親子で分業、一家の陶芸展
多治見
26 朝日新聞
名古屋本社
うつわ邸二階、ぎゃらり縁器での作陶展
会場と夫婦の写真入りでご紹介していただきました。
new15 9月 Harumi’s Japanese
Cooking
著者 栗原はるみさん

20
22
Conran
Octopus
ひろ窯の器も使われています。
三彩捻文豆皿、瑠璃釉緑点文汁注、紅釉重ね菱豆鉢
赤絵花捻文豆鉢、赤絵青海波皿、染付花捻文豆鉢、染付青海波皿
9月 aun うららか 13 西濃印刷株式会社 うららかさんの店が紹介されています。ひろ窯の器も紹介していただいています。
9月 四季の味ANEW No.38  *四季のデセール
*おかず四季おりおり
*山暮れて
*家庭の味
*食遊集23
*本号でお取次ぎする食器

*食器展のご案内
 藤井敬之作陶展
13
20
29、38
63,67
99
128,131

153
*ひろ窯の器も使われています。




*ひろ窯の器(黄釉輪花小皿、瑠璃釉菊中皿、瑠璃釉菊小鉢、白瓷菊小鉢、
赤絵菊小鉢、白瓷八寸菊皿、赤絵菊中皿)が通信販売されています。
*「伊勢丹新宿店」展、「多治見、うつわ邸」展
「岡山、陶舗たなか」展のご案内をしていただいています。
7月 NHKきょうの料理8 和の器入門5、白磁
138,139、156
日本放送出版協会 ひろ窯の器(白瓷刻文八寸皿)も
通信販売されました。

器協力 うつわ一客東京店
7月 NHK食彩浪漫8 表紙 日本放送出版協会 ひろ窯の器が使われました。
(青白瓷刻文八寸皿)
6月 四季の味ANEW No.37 夏 *おかず四季おりおり
*家庭の味
*アンチョビを肴に
日本酒を愉しむ
16,17,24
60
115
ニューサイエンス社 *ひろ窯の器も使われています
6月 おなかすいてない?
山際千津枝の幸福レシピ
*肉について
*日本蕎麦の焼きそば
*コーンマカロン
18
30
69
(有)海鳥社
ひろ窯の器も使われています。
(志野染付杉の葉文舟形鉢、瑠璃釉刻文八寸皿、白彩釉斜め格子文長方皿)
5月 近代の仏教者たち、
仏教を歩く
筍のみそ炒めで味わう
「山と野の慈悲」
典座さんの食べる仏教、30
31 朝日新聞社 ひろ窯の器も使われています。
(志野染付窓絵縁なぶり小鉢)
器協力 陶苑八坂
5月 女性の仏教者、
仏教を歩く
うどの紀州和え
典座さんの食べる仏教、29
31 朝日新聞社 ひろ窯の器も使われています。
(三彩筒描き格子文四方浅鉢)
器協力 陶苑八坂
4月 大谷光瑞 河口慧海
仏教を歩く
一枚の皿に天地を
盛り込む気概
典座さんの食べる仏教、28
31 朝日新聞社 ひろ窯の器も使われています。
(彩釉掛け分け文角縁短冊大皿、彩釉
掛け分け文角縁長方豆皿、黄瀬戸筒碗

器協力 陶苑八坂
4月 運慶 円空、仏教を歩く 蕗の信太巻き
典座さんの食べる仏教、27
31 朝日新聞社 ひろ窯の器も使われています。
(瑠璃釉刻文八角大皿、瑠璃釉点々文小皿)
器協力 陶苑八坂
4月 雪舟 利休、仏教を歩く 菜の花に心やわらぐ
典座さんの食べる仏教、26
31 朝日新聞社 ひろ窯の器も使われています。
(志野染付唐草文八つ橋小皿、
瑠璃釉毘沙門小判皿)
器協力 陶苑八坂
3月 隠元 白隠、仏教を歩く 僧堂の朝は梅湯で始まる
典座さんの食べる仏教、25
31 朝日新聞社 ひろ窯の器も使われています。
(白志野刻文隅切長方小皿)
器協力 陶苑八坂
3月 やきものネット 展覧会案内 やきものネット(株) 「Craftなかにし」展
案内をしていただきました。
3月 沢庵、仏教を歩く 長芋コロッケ
典座さんの食べる仏教、22
31 朝日新聞社 ひろ窯の器も使われています。
(織部十字格子文長方六寸皿)
器協力 陶苑八坂
3月 四季の味ANEW No.36  *陽春のデセール
 ビストロ・ラブール
*おかず四季おりおり
*薄い豚カツ礼賛
*
家庭の味

*皮はうまい
*本号でお取次ぎする食器

*食器展のご案内
 藤井敬之作陶展
14

16、18、19、25
52
58、61、65、66
115
130、131

153
ニューサイエンス社 *ひろ窯の器も使われています。





*
ひろ窯の器(青志野大鉢、刻文小皿
小判皿)が通信販売されています。
*「クラフトなかにし」展、「サーブ倶楽部」展
「道具の多く美や」展の
ご案内をしていただいています。

3月 覚鑁、仏教を歩く ゆばの茶巾ずし
典座さんの食べる仏教、21
31 朝日新聞社 ひろ窯の器も使われています。
(白志野馬上杯)
器協力 陶苑八坂
2月 一休、仏教を歩く 豆腐七変化
典座さんの食べる仏教S
31 朝日新聞社 ひろ窯の器も使われています。
(青唐津飯碗、赤織部飯碗)
器協力 陶苑八坂
2月 行基、仏教を歩く 栄養価の高い納豆汁
典座さんの食べる仏教P
31 朝日新聞社 ひろ窯の器も使われています。
(志野染付唐草文飯碗)器協力 陶苑八坂

書籍、雑誌名の下線部分はそれぞれの本と記事の紹介ページにリンクしています。
※敬称は略させていただきました。

掲載書籍、目次へ戻る
ライン
 掲載書籍  掲載書籍2016年青見出し 2015年掲載書籍青見出し         
   2014年掲載書籍青見出し  2013年掲載書籍見出し  2012年掲載書籍見出し  2011年掲載書籍見出し  2010年掲載書籍見出し 2009年掲載書籍見出し 
掲載書籍2008年見出し 2007年掲載書籍見出し 2006年掲載書籍見出し 掲載書籍2005年 2004年掲載書籍見出し 2003年掲載書籍見出し
2002年掲載書籍見出し 2001年掲載見出し 2000年掲載見出し 1999年掲載書籍見出し 1998年掲載書籍見出し 1997年掲載書籍見出し
1996年掲載書籍見出し 1995年掲載書籍見出し 1994年掲載書籍見出し 1993年掲載書籍見出し 1992年掲載書籍見出し 1991年掲載書籍見出し
1990年掲載書籍見出し 1989年掲載書籍見出し 1988年掲載書籍見出し 1987年掲載書籍見出し 1986年掲載書籍見出し 1985年掲載書籍見出し
1984年掲載書籍見出し 1983年掲載書籍見出し 1982年掲載書籍見出し 1981年掲載書籍見出し 1980年掲載書籍見出し 1979年掲載書籍見出し
1978年掲載書籍見出し

ホーム ご挨拶 うつわ 陶房
器の購入先 新作 展示会 掲載書籍
リンク ひろ窯ブログ 更新記録 略歴
出来事 サイトマップ アルバムボタン 掲示板青見出し

E-Mail:hirogama@ma.ctk.ne.jp